医師 転職 製薬会社 研究所 求人

土曜日

医師の転職なら意思の使命を果たせる製薬会社へ

医師の転職について、あれこれの賜ってまいりましたが、医師の転職に関連して、製薬会社での医師の使命とはいったいどういった使命なのでしょうか。
病気の治療も医師の大事な使命ですが、もっと大事な事は、病気を予防する使命だと思います。
製薬会社へ転職して、癌の予防薬を作ることに成功すれば、国家の医療費を大幅に削減することが出来るでしょう。
当然、転職先の製薬会社も業績が一気に伸びることでしょう。
また、その暁には、世界中の人々に感謝され、世界中の人々から祝福を受けるでしょう。

医師の転職なら製薬会社or研究所

医師の転職なら製薬会社or研究所

医師の転職なら製薬会社or研究所ということですけど、製薬会社にだって研究所はありますよねえ。
新たな万能細胞「STAP細胞」の開発に携わった理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方晴子さんは化学の分野から再生医療の分野へアプローチしたみたいですけど、もしも医師が万能細胞を発見すれば当たり前ってことも無いですよねえ。
しかし、あんまり良い薬だの、万能細胞だのが、このスピードで作られたり発見されたりして行けば、患者数もどんどん減って行くわけですので、けっこうな事と言うしかありません。
国家の医療費削減に貢献する事で、余ったお金を弱者救済に使用出来、いずれにしても皆に感謝されることになります。
医師の皆様も、どんどん求人に答えて製薬会社なり研究所なりへ転職して下さい。


水曜日

製薬会社の求人で転職した医師の働きで患者数激減

製薬会社の求人で転職した医師の働きで患者数激減といった、SFの様な話が現実化する日も遠く無い。
なぜ、そう思うかと言えば、医師の方々は人並み外れた能力で現在の医師という職業に付いておられるからだ。
「風が吹いたら、桶屋が儲かる」なんて下世話な考えを持っている医師の先生など一人もいないと断言できるほど、医師の先生は皆んなから尊敬されている。
病人をゼロにする事は不可能かもしれないが、病院の病気の患者をゼロにする事は、病名ごとであれば、今までもやって来たことなので、もう少し製薬会社に転職後努力していただければ、内科の患者数をゼロにする事ぐらいは出来る様な気がして来た。
製薬会社の求人で転職した医師の働きで、病根を断ち切る素晴らしい薬が開発される日が一日も早からん事を祈る毎日である。

医師が製薬会社の求人で転職を考える時

医師が製薬会社の求人で転職を考えるきっかけとして、普通のサラリーマンの様に家族と過ごせる時間が欲しいと思う時という事が多いようですが、その理由は、普段の病院でのお医者さんの活躍ぶりを見ていると、良く分かります。
たしかに、病院のお医者さんはサラリーマンの様な動きは出来ません。
製薬会社の求人に応じて転職しても、医師としての役目は充分果たせます。
新薬の開発に尽力を尽くす医師の姿は立派なものです。

製薬会社の求人で転職を考える理由

医師が製薬会社の求人で転職を考える理由を想定してみた。
第一位は、普通のサラリーマンの様に、家族と過ごせる時間が欲しかったから。
第二位は、年収のUP。
第三位は、医局人事への疑問。
医師が製薬会社の求人で転職を考える理由は、ほかにもいろいろあると思います。
お医者さんといえども人の子ですから、転職してのびのび仕事が出来る場所があるのなら、転職をしても当然だと思います。

日曜日

医師の転職と製薬会社の医師募集の求人

製薬会社の医師募集の求人が有るので医師は年収や遣り甲斐なども考え転職する
患者を診る事に高い志を持つ医師、新薬で患者を救う事に生きがいを感じる医師。
最近の正直な感想ですが、この世で一番尊敬できる職業と訊かれたら、迷わずお医者さんと言うでしょう。
昔、十二指腸潰瘍は必ず手術という時期に、時間はかかったけど薬で治療してくれた服部内科さんに感謝感謝です。

製薬会社の医師の求人と転職

お医者さんが、製薬会社の医師の求人広告を見て、転職することは大変けっこうな事だと思う。
転職の理由が、年収であれ、仕事のやりがいであれ、お医者さんが、製薬会社の医師の求人広告を見て、転職する事は大変けっこう。
一般のサラリーマンも、転職に二の足を踏んでいるようであれば、お医者さんに見習うべき。
お医者さんの仕事は、患者さんを診るのも重要な仕事であるが、製薬会社などで、最新の薬を売出す手立てを講じるのも、大変重要な仕事だと思う。